Close
インプラントの専門医・認定医として国内外で活躍している中村院長が、カウンセリングから治療完了まで一貫して治療を行います。

6つの診療コンセプト

インプラント相談・無料カウンセリングを承っています。
お気軽にご相談ください。

03-5677-4618

お電話の受付 10:00~13:00 / 14:30~19:00

診療時間 日祝
10:00~13:00
14:30~19:00

24時間受付フォーム

HAインプラントについて

HAインプラントはチタンの表面に使われている材料がハイドロキシアパタイトと呼ばれ顎の中で積極的に骨と結合しようとする生体活性材料です。

※ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムでできた歯や骨を構成する成分のことで、 エナメル質は97%、象牙質の70%がハイドロキシアパタイトで構成されています。歯磨剤に配合されたりしています。

エナメル質の表面には見た目には分からない 微小欠損(小さなきずのようなもの)が 無数にできています。これが脱灰(虫歯になりかけ)につながります。 虫歯はエナメル質が溶け始めることにより始まります。ハイドロキシアパタイトは唾液中のミネラルイオンに作用して、 初期虫歯や、微小欠損の再石灰化を促進することができます。

コーティングは剥がされるのではないか?感染しやすく進行が早いのではないか?などといった疑問の声が聞かれますがHAインプラントの臨床はすでに15年を経過しています。HAインプラントによる使用率・支持率は米国でも予想以上に高く、特にカルシティックHAインプラントの治療成功率は99.5パーセントです。

HAインプラントと骨との結合はチタンのオッセオインテグレーションとは異なります。 オッセオインテグレーションとは実際には骨とインプラント体の結合がなく下の顕微鏡の写真でもわかるようにすき間が少しあいていることがわかります。

HAインプラントはバイオインテグレーションといい、周囲骨との間にはカルシウムが沈着し顕微鏡でみるレベルでも骨と生化学的に結合します。HAコーティングインプラントが素材として優れている理由にはまさにこのバイオインテグレーションによるものです。

チタン製のインプラントがオッセオインテグレーションを獲得する為には、手術で骨を削る時、インプラント表面と骨の間隙を数十ミクロンレベルの精度で削る必要があります。

なぜ精密に削らなくてはいけないかというとインプラントとドリルで削った骨に隙間があると、骨とインプラントがくっつかないのです。ということは、ドリルで削っている時に、中心がずれたり、ドリルがブレたりしてしまうとインプラントはくっつきません。極めて正確なドリル操作が必要となってくるわけです。また、骨の状態が悪いケースで、骨梁がないような場合ではオッセオインテグレーションを行うことはできません。

それに対してHAインプラントは、かなり、骨との間隙があってもバイオインテグレーションすることが分かっているため、ある程度隙間のある削り方や骨の状態が悪い場合でも高い成功率があります。

HAインプラントは歯を失ってブリッジを入れる為、健全な歯を削らなくてはならない方や取外し式の入れ歯しかないという方に、適応となります。 入れ歯では、咀嚼能力は固定式(インプラント)の三分の一程度になると言われています。

電子顕微鏡下におけるオッセオインテグレーションの状態。
チタンと骨は完全に接触していない。

電子顕微鏡下におけるバイオインテグレーションの状態。
HAと骨はカルシウムブリッジによって直接結合する。

  チタン HA
結合様式 オッセオインテエグレーション バイオインテグレーション
治療期間 約6ヶ月から12ヶ月 約3ヶ月から6ヶ月
適応症例 患者様の骨の状態により適応できない場合もある 適応症例がチタンよりも幅広くなった

インプラント治療の流れ

【1】検査と治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により、治療法には様々な選択肢があります。歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない衛生管理などを含め総合的に検討した上で、治療計画が立てられます。

【2】一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込みます。

【3】治癒期間

一次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力で結合します(オッセオインテグレーション)。 この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。

【4】二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。 この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。 二次手術を行わない1回法の手術法もあります。

【5】人工の歯を作製・装着

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。 この状態で、歯ぐきが治るまで1~6週間おきます。 二次手術を行わない1回法の手術法もあります。

一般的なインプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

  • 自分の歯と同じような感覚でものを噛むことができ、食べ物の味や感触がよくわかります。
  • 周りの歯を傷つけません。
  • 見た目は自分の歯とほとんど同じように、綺麗に仕上がります。
  • インプラントが顎の骨に力を加えますから、顎の骨が痩せるのを防ぐといわれています。

インプラントのリスク

  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要です。
  • 全身の疾患がある場合には治療できない場合があります。
  • インプラントを維持するためには十分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。

インプラント以外の方法との比較

ブリッジとの比較

インプラントのメリット

  • 隣在歯を削らなくてすむので歯にやさしい。
  • 噛む力は単体で80~90%回復できるので、ほぼ自分の歯の様に噛むことができる。
  • 違和感が少ない。

ブリッジのメリット

  • 基本的には外科的な術式(手術)が必要ない。
  • インプラントに比べ治療期間が短い。
  • 保険適用内のものもある。

インプラントのリスク

  • 外科的な術式が必要(手術)
  • ブリッジに比べ期間がかかる。
  • 保険適用外である。

ブリッジのリスク

  • 健康な歯でも両隣在歯を削らなければならない。
  • 欠損歯の咬合力を他の歯でささえなければならないので、他の歯が弱くなる場合がある。
  • 清掃性を重視した場合など、ダミーの歯の部分の舌感が悪いことがある。

入れ歯との比較

インプラントのメリット

  • 入れ歯に比べ咬む力が圧倒的に回復できる。
  • 入れ歯のバネや床(入れ歯のピンク色の部分)がないので口の中の違和感が少ない。
  • 見た目がすぐれている。

入れ歯のメリット

  • 基本的には外科的な術式(手術)が必要ない。
  • インプラントに比べ治療期間が短い。
  • 保険適用内のものもある。

インプラントのリスク

  • 外科的な術式(手術)が必要。
  • 治療期間がかかる。
  • 保険適用外である。

入れ歯のリスク

  • 入れ歯のバネや床(入れ歯のピンクの部分)があるので違和感がある。
  • 力を粘膜の部分で支えるので、咬む力がインプラントに比べ弱い。
  • どうしても、見た目で入れ歯だと分かってしまう。

インプラント相談・無料カウンセリングを承っています。
お気軽にご相談ください。

03-5677-4618

お電話の受付 10:00~13:00 / 14:30~19:00

診療時間 日祝
10:00~13:00
14:30~19:00

24時間受付フォーム

差し歯との違い

よく誤解される事があるのでインプラントと差し歯の違いを説明しておきましょう。 一般に差し歯と呼ばれているのは、歯の中に人工の歯のついた金属の土台を埋め込むものです。 インプラントが骨のなかに埋め込むのに対して、差し歯は歯の根っこに埋め込みます。 差し歯は、歯の上の部分(歯冠部)だけがなくなったときにできる処置です。 たまに「歯を抜いた所を差し歯にしてもらおうと思ったのですが・・・」と相談に来られる患者さんがいらっしゃるのですが 差し歯というのは、最低でも根が残っている状態でないと出来ません。残っている根や歯の一部に ”差し込む” から、差し歯なのです。 ですから、根も含めて、歯そのもの全てを抜いてしまったら、差し込む所が無いので、差し歯に出来ないのです。 歯を抜いた所は、1ヶ月ほど経つと穴が無くなって、歯肉だけのいわゆる ”土手” になります。 しかし、最近では ”インプラント” というチタンという金属で出来た人工の根を、顎の骨に打ち込んで差し歯に出来る技術も有ります。

差し歯各種

一流歯科技工士の作る人工歯は、強度、精度、美しさともに一級品です。歯肉の縁が紫色になることもありません。 虫歯や歯周病も最大限予防できます。 差し歯にも色々な種類があります。「前歯を白い差し歯にする際、保険と自費があると言われました。」などという患者さんの声もお伺いします。 保険の方は、白い部分が「硬質レジン」という材質で出来ています。 レジンというのは、プラスチックの一種で、「硬質プラスチック」といったニュアンスのものです。 自費の方は、お茶碗などの陶磁器と同じ「陶材」で出来ています。 どちらにも、メリットとリスクがあります。

削れてくる上に黄ばんでくるが、割れにくい物(=保険)にするか?削れないし黄ばまないが、割れやすい物(=自費)にするか?お気軽に歯科医師にご相談ください。

保険診療(レジン)

金属の被せ物ですが、表側に硬質レジン(プラスチック)を用い、白くみせます。
基本的には前歯のみ適応です。

【メリット】

  • 要はプラスチックですので、噛む時の衝撃を受けると、微妙に変形してくれるので割れにくい。
  • 保険が適用されるので費用を抑えられる。

【リスク】

  • 長年使用していると、歯ブラシなどにより、だんだん削れてくる。
  • 長年使用していると、少し黄ばんで来る。
  • 金属アレルギーのあるかたまたはアレルギーに不安のあるかたは不向きです。

自費診療(陶材)

金属の被せ物ですが、表側に硬質レジン(プラスチック)を用い、白くみせます。 基本的には前歯のみ適応です。

【メリット】

  • 要は陶磁器ですので、 長年使用しても、歯ブラシ程度では、削れてこない。

【リスク】

  • お茶碗などと同じく、”硬いが脆い”という特性がありますので 噛んだ時の衝撃に、ある程度までは耐えてくれるが、限界を超えた瞬間に割れる。

中村雅之

当院では、患者様とのコミュニケーションを大切に考えておりますので、診療においても十分な説明を行い、ご納得いただいた上で治療を進めていきます。
噛む事は健康を維持する事、生活の喜びを分かち合う事です。 歯科治療を通じて、人生を楽しめるよう健康管理のお手伝いを致します。
皆様が笑顔で生活できるようになることが私達スタッフの喜びです。

院長略歴

1993年
日本大学松戸歯学部 卒業
同大学補綴学第Ⅲ講座 入局
1995年
同大学補綴学第Ⅲ講座 助手
医療法人 藤智会 佐藤歯科医院 非常勤勤務
1998年
医療法人 秀飛会 上志津中央歯科 勤務
2000年
中村歯科医院 開院
2005年
医療法人 瑞芳会 中村歯科医院

所属団体・StudyGroup

  • PRGF System Institute Japan 理事、指導医
  • SPLINE IMPLANT ADVISER   FIDI インストラクター
  • 日本顎咬合学会 かみあわせ認定医
  • AIAI(Academy of International Advanced Implantlogy)認定医、専門医
  • DGZI Japan (ドイツ口腔インプラント学会) 認定医、専門医
  • ICOI(International Congress Of Oral Implatologists)
  • ジンマーデンタル公認インストラクター
  • 日本口腔インプラント学会 認証医
  • 日本臨床歯周病学会
  • OJ(オッセイオインテグレーション・スタディークラブ・オブ・ジャパン)
  • SJCD(Society Of Japan Clinical Dentistry)
  • JIADS(The Japan Institute for Advanced Dental Studies)CLAB
  • CSTPC
  • 京形成歯科研究会
  • 日本ピエゾ臨床研究会
  • 日本大学松戸歯学部口腔顎顔面インプラント学 非常勤
  • 日本歯科医師会・東京都歯科医師会・深川歯科医師会

インプラント相談・無料カウンセリングを承っています。
お気軽にご相談ください。

03-5677-4618

お電話の受付 10:00~13:00 / 14:30~19:00

診療時間 日祝
10:00~13:00
14:30~19:00

24時間受付フォーム

当センターへのアクセス

東京都江東区千石3丁目1-36 2・3F 電話番号 03-5677-4618

東京メトロ・東西線 「東陽町駅」 徒歩15分

東京メトロ・半蔵門線「住吉駅」 徒歩15分

都営地下鉄・新宿線 「住吉駅」 徒歩15分

JR総武線・総武快速線「錦糸町」駅から最寄のバス停までおよそ10分

都バス「千石二丁目」バス停 徒歩3分 東22系統(東京駅丸の内北口/東陽町駅~錦糸町駅) 錦22系統(臨海車庫~錦糸町駅)
【東海道・東北・秋田・山形・上越・北陸】  新幹線「東京駅」下車 東京メトロ東西線「大手町」→「東陽町」 東陽町駅下車 徒歩およそ15分
【航空各社路線・チャーター・自家用機】 「東京国際空港」(羽田空港) ・タクシー 空港 → 当院 およそ40分 ・バス 空港 → 東陽町駅 東陽町駅下車 徒歩およそ15分
来院者様向けの専用駐車スペースを4台分ご用意しております。 詳細につきましては、当院受付までまでお問い合わせください。

相談・お問い合わせフォーム

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

ご年齢 (必須)

お住まいの都道府県

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

題名 (必須)

お問い合わせ内容 (必須)